トピックス 経営支援 販売促進事業 長岡京商工会について 地域情報 アクセス
長岡京商工会について
トピックス
部会活動
  商業部会
  工業部会
  建設業部会
  飲食業部会
  理財業部会
  文化交通業部会
  青年部
  女性部
リンク(会員企業他)
リンク(会員企業他)
 
プライバシー・ポリシー
地域情報
長岡京市の概要 古代ロマンの旅 幻の都長岡京 歳時(花暦) 長岡京の野草 ハイキングコース
古代ロマンの旅
今里大塚古墳
山城地方で最大級の横穴式石室を持つ古墳で、6世紀後半頃に造られた。
直径約45メートル、高さ5.5メートル以上の円墳と見られる。
棺を納めた石室は高さ6メートル、幅3メートル、高さ3メートル以上の極めて長大なものである。
古墳時代の終わりに乙訓地域全体を支配した首長の墓と見られる

今里車塚古墳
5世紀前半(古墳時代中期)に造られた全長約75メートルの前方後円墳で、周囲に濠を巡らす。市内では
恵解山古墳に次ぐ大規模なもの。葺石でおおわれていた墳丘は、すでに削り取られている。
周濠の中から埴輪や土器の他に「木製の埴輪」が出土し、全国的に注目された。

恵解山古墳
5世紀中頃に造られた乙訓地方最大の前方後円墳。周囲に濠がある。前方部から多数の武器を納めた施設が発見され、
全国的に注目された。この古墳に葬られた人は、乙訓地域を支配した首長であった。

井ノ内車塚古墳・稲荷塚古墳
車塚古墳は道の北側にやや小高く残っている全長約37メートル、高さ約4メートルの前方後円墳で、前方部を
南側に向けている。
稲荷塚古墳は「オキツネサン」と呼ばれ、古墳の上に小さな祠(ほこら)がある。
全長約45メートル、高さ4メートル余りの前方後円墳で、前方部を南東方向に向けている。
これらの古墳はいずれも発掘調査されていないが、古墳の形などから6世紀頃(古墳時代後期)
に造られたもので、この地域を支配した豪族の墓と推定される。

土御門天皇金原陵
第83第天皇。わずか4歳で即位、16歳で譲位。承久の乱(1221年)で、
父後鳥羽上皇、弟順徳上皇が隠岐と佐渡に流された。
土御門上皇は自らすすんで土佐(のちに阿波)に遷され、37歳で亡くなり、
阿波で火葬された。
2年後、遺骨は生母承名門院の建立した金原法華道に移され、御陵として
今に残っている。